第1章 総則
【名 称】
第1条 この会は、相模原市障害者地域作業所等連絡協議会(略称 障作連)という。

【事業所】

第2条 この会の事務所を相模原市中央区松が丘1丁目23番1号「相模原市立障害者支援センター松が丘園」に置く。

【目 的】
第3条 この会は、ノーマライゼーションの理念に基づき、障害者がより充実した地域生活を送ることができるよう障害者団体、福祉サービス事業所等及び関係団体と共通課題の解決に向け協力し合い、相模原市における障害者福祉の向上を図ることを目的とする。

【活 動】
第4条 この会は、前条の目的を達成するために次の活動を行う。
(1)障害者福祉に関する普及・啓発活動
(2)障害者の自立支援・地域福祉促進に関する調査研究・企画・提言
(3)会員の支援技術と支援者としての意識の向上を図るための活動
(4)会員相互の交流
(5)その他、本会の目的を達成するために必要な活動

【事 業】
第5条 この会の活動を実施する上で必要な事業の一部を業務委託できるものとする。

第2章 会員
【会員の資格及び入退会】
第6条 この会の会員は、相模原市に在る障害福祉サービス事業所等とする。また会員となる事業所等は非営利団体であることを原則とする。
この会の加入については、書面をもって会長に届け、代表者会の承認を得なければならない。
この会を退会するときは、書面をもって会長に届けるものとする。

【会 費】
第7条 会員はすべて年会費を納入する義務を負う。
この会の年会費は、代表者会で定めた額とする。

第3章 役員
【役員の種類及び選任】
第8条 この会に次の役員を置く。
(1)会      長 1名
(2)副   会  長 1名以上
(3)一般役員 2名以上
会長の選任は、会員の互選によって決定する。
役員の選任は、会長が指名し、決定する。

【役員の職務】
第9条 会長はこの会を代表する。
副会長は会長を補佐し、会務を統括する。また、会長に事故あるときは、その職務を代理し、会長が欠けたときはその職務を行う。なお、副会長が2名以上の場合は、会長があらかじめ代表者会の議決を経て定めた順序により、その職務の代理などを行う。
一般役員は、会の円滑な運営に必要な業務を行う。

【任 期】
第10条 役員の任期は2年とし、再選を認めない。
補欠として選出された役員の任期は、前任者の残任期間とする。

【解 任】
第11条 役員に職務上の義務違反、その他役員として相応しくないと認められるときには、代表者会の議決を経て解任することができる。
前項の規定により役員を解任しようとするときは、当該役員に弁明の機会を与えなくてはならない。

【役員会】
第12条 役員会は役員をもって組織し、次に揚げる職務を行う。
(1)事業計画及び収支予算案の作成
(2)公的文書等の作成
(3)会の活動に関する諸調整
(4)緊急を要する事項の決定
役員会は会長が招集する。

【役員会の定足数と議決】
第13条 役員会は役員の過半数の出席(書面委任含む)がなければ議事を開き、議決することができない。
役員会の議決は、出席した役員(書面委任含む)の過半数をもって決し、可否同数の
ときは会長の決するところによる。

第4章 組織
【代表者会】
第14条 代表者会は、この会の最高議決機関とし、以下の事項は代表者会の議決を経なければならない。
(1)事業報告・収支決算の承認
(2)事業計画・収支予算の承認
(3)規約の改正
(4)新規入会の承認
(5)部会(仮称)の承認
代表者会は、各会員の代表者で構成する。ただし代表者以外の参加を拒むものではない。
代表者会は、会長が召集する
代表者会は議決権を持つ会員の過半数の出席(書面委任含む)がなければ、その議事を開き議決することができない。
代表者会の議決権は各会員1票とし、出席者(書面委任含む)の過半数をもって議決する。可否同数の場合は、会長の決するところによる。
代表者会の付議事項は会員、各部会、各分科会(仮称)、役員会から提出された事項および会長が必要と認めた事項とする。
付議事項の提出者は、代表者会において説明を行う。

【部会および分科会】※仮称
第15条 この会は部会および分科会をもって構成し、相互に連携・協力し、運営に努める。
部会(仮称)は、代表者会で承認を必要とする。また目的を達成した部会(仮称)はその年度の終了をもって解散することを前提とする。

【会員監査】
第16条 この会の会計執行の状況を監査するために、会計監査を2名置く。任期は2年とする。
会計監査は、会長の指名により選出する。
会計監査は、この会の会計執行の状況について年1回以上監査し、その監査内容を代表者会において報告する義務を有する。

【事務局】
第17条 この会の事務を処理するために事務局を置く。
事務局は、以下の業務を行う。
(1)会議の連絡および会議における庶務業務
(2)関係機関との連絡窓口業務
(3)予算執行に基づく出納業務
(4)各種事業の実施補助業務

第5章 会計
【会計の構成】
第18条 この会の会計は、次に揚げるものをもって構成する。
(1)会費
(2)補助金および助成金
(3)ハンドメイドショップ バオバブ売上手数料
(4)その他収入

【会計年度】
第19条 この会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

第6章 規約の改正
【規約の改正】
第20条 この規約を改正するときには、議決権を持つ会員の3分の2以上(書面委任含む)の承認を得なければ規約を改正することができない。

第7章 その他
【施行細則】
第21条 この規約の施行についての細則は、代表者会において定める。
 
   附 則
この規約は、昭和62年4月1日から施行する。
   附 則
この規約は、平成4年4月1日から施行する。
   附 則
この規約は、平成6年4月1日から施行する。
   附 則
この規約は、平成7年4月1日から施行する。
   附 則
この規約は、平成11年4月1日から施行する。
   附 則
この規約は、平成14年4月1日から施行する。
   附 則
この規約は、平成15年4月1日から施行する。
   附 則
この規約は、平成16年4月1日から施行する。
   附 則
この規約は、平成17年4月1日から施行する。
   附 則
この規約は、平成18年4月1日から施行する。
   附 則
この規約は、平成19年4月1日から施行する。
   附 則
この規約は、平成24年4月1日から施行する。